(一社)日本鉄鋼協会 評価・分析・解析部会 | Technical Devision of Process Evaluation & Material Characterization

評価・分析・解析部会

研究会

LIBS実用場適用技術開発

所属:評価・分析・解析部会
主査:出口祥啓(徳島大)
期間:2019.3~2023.2 *1年延長

製鋼工程、例えば二次精錬での微量成分のリアルタイム分析を可能とする方法として、LIBS(レーザ誘起ブレークダウン法)の適用性を実証し、鉄鋼製造プロセスにおける省エネルギー・省資源化に貢献する。

不均一変形組織と力学特性

所属:材料の組織と特性部会/評価・分析・解析部会
主査:土山聡宏(九大)
期間:2019.3~2023.2 *1年延長

単相鋼および複相鋼の相変態や塑性変形時に生じる不均一変形について、各種解析手法および計算工学的手法を用いてマルチスケールで評価し、マクロな力学特性の発現機構について理解を深める。

鉄鋼関連材料の非破壊・オンサイト分析法

所属:評価・分析・解析部会
主査:今宿 晋(東北大)
期間:2021.3~2024.2

X線およびテラヘルツ波を利用したイメージング法により、鉄鋼に関連する材料を非破壊測定できる技術を確立し、オンサイト分析が可能な新しい鉄鋼分析として提案する。

過去の研究会

過去の研究会リストはこちら